注目の記事 PICK UP!

【広告戦略】これをやるだけで集客が増える!広告マーケティング手法

どうも河野圭祐です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回はこれをやるだけで集客が増える!広告マーケティング手法というテーマでお話ししていきます。

まず初めにいつものように「どうしてもこれだけは覚えてください!」、という結論からお伝えします。

それは、「お客様の目線で締切りを設定してあげてください」という事です。

締め切りがない原稿は永遠に仕上がらないという言葉があるように、人というのは締め切りがなければ行動することはできません。

これは、「何かを購入しよう」「入会しよう」という判断をする時にも、同じようなことが言えるんです。

つまり、お客さんに何かを買ってもらいたい、入会してもらいたいと思った時には、締め切りを設定することが重要になるんです。

集客における締め切りとは、「限定100名様!」「今月限り!」など、行動を促してあげることが締め切りを設定することになります。

しかし、締め切りの設定はしたほうがいいのですが、近年ではこの限定という言葉の信頼度が落ちてきているんです。

だから、その限定の信頼度を落とさないように、締切りの打ち出し方に少し工夫を加えることが必要になるんです。

今回はそんな、広告マーケティングにおける締切りについて、3分を目安にお話ししていきます。

インスタントスタディ、スタートです。

締め切りを設定するだけで集客は増える

まず結論からお伝えすると、締切りはないよりもあったほうが良いという事です。

先ほども説明したように、締切りがないものに対して人間は行動することが難しい生き物です。

例えば宿題なら提出期限、仕事なら納期があるから行動を起こすことができるんです。

もう少しわかりやすい具体例で、僕が行っているコンサルの話をしたいと思います。

僕は自分の自由な時間を使って周りの何人かに、人生やビジネスに関してアドバイスやコーチングをやっています。

そこでは必ずセッションが終わる時に、次回までに行ってくる約束をします。

それは、僕が出した課題もあれば、本を一冊読んでくる、映画を観るなど様々ですが、みんな必ず次のセッションまでに完了させてきます。

では、ここで考えてもらいたいのですが、あなたが勧めた映画を本当に見てくれる人は何人いるでしょうか?

僕も今まで本をいろんな人に勧めてきましたが、読んでくれる人なんてごく僅かでした。

これはどういうことなのかというと、締切りがないから行動することができないんです。

僕のセッションを受けている人達は、約束という名の締切りを設けているため、みんな必ず行動を起こしてくれるんです。

これをもし期限を設けず「時間があるとき読んどいて」と伝えれば、この本が読み終わるのは遥か先のことになってしまうでしょう。

これは集客においても同じ事で、「100名様限定!」「今月限り!」など、締切りを設定することにより行動を促すことができるんです。

しかし、現代ではこの締切りである「限定」という言葉の信用性が下がってきているんです。

例えばあなたも限定という言葉を見ても、「いや絶対うそでしょ(笑)」と思ってしまう事が多くないですか?

だから、締切りを設定するにも少し工夫が必要になるので、次はその方法を説明していきます。

煽るのではなくお客様の立場に立った締切りを設定する

煽る締め切りと、お客さんの立場に立った締切りとはどんな違いがあるのでしょうか?

それは、煽る締め切りとはお店側の利益を考えた締切りで、その逆はお客様の利益を考えた締切りとなります。

お店側の利益を考えた締切りとは、「先着100名様限定!」であったり、「番組終了後30分限定!」など、お店側の利益が最優先された締切りになります。

大切なことなので説明しておきますが、煽る締切りが決して悪いわけではなく、一番悪いのは締切りを設定しないことです。

ただ、このお店側の利益を考えた締切りは、オープン時など限定的な場面でしかなかなか使えず、あまり使いすぎるとお店自体の信頼を落とすことに繋がってしまいます。

そこで必要なのがお客様の利益を考えた締切りを設定することです。

お客様の利益を考えるとはどういうことなのかというと、お客様の状況に合わせて締切りを設定してあげるという事です。

例えばフィットネスであれば「夏までに痩せたい人のための30日間集中パーソナルトレーニング」など、お客様が置かれた状況を解決してあげる提案を考えれば自然と締切りを設定することができます。

また、お客様の状況を考えて、「今すぐ行動しないと損をしますよ」と教えてあげることも非常に有効です。

例えば、「今月からあなたの家計はずっと楽になる、格安スマホ」「たった3分で保険の無駄をなくします」などの広告文は、今すぐ行動しないと無駄なお金がかかって損してしまうとわかりますよね。

ちょっと前まで頻繁にCMで流れていた法律事務所の「過払金の返還期限が近づいています。」という広告は、間違いなく多くの人を動かしたことでしょう。

このように、お客様の立場に立った締切りの設定は、信頼を失うことなく行動を促すことができるので、集客にもつながるという事です。

あなたも今日は、お客さんの立場に立った締切りは、どんなものがあるのか考えてみましょう。

では、そろそろ3分になりますので今日はこの辺で、今日もあなたが豊かな一日が送れる事を心から願っています!

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いします!

関連記事

  1. 【人事】人が辞めない会社が良い会社ではない

  2. 【ストレス】商品が多すぎるお店はお客様をイライラさせる

  3. 【計画】知らないと損するプロダクトのデザイン設計

  4. 起業したい人はまず何をすればいいのか?現役の30代経営者が徹底解説

  5. 【サブスクリプション】オンボーディングで驚きの体験価値を提供する

  6. 【創業】サイボディ誕生物語

  7. お金がない最大の原因とは?貯金ができるようになる解決策

  8. 【疲労】いくら休んでも疲れが取れない……間違った休み方の改善方法を解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP