注目の記事 PICK UP!

【睡眠】最も早死する悪習慣「睡眠不足」を解消するスマートフォンの設定方法

どうも河野圭祐です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は【睡眠】最も早死する悪習慣「睡眠不足」を解消するスマートフォンの設定方法というテーマでお話ししていきます。

まず初めにいつものように「どうしてもこれだけは覚えてください!」、という結論からお伝えします。

それは、「寝る前にスマホ画面を白黒にしてください」ということです。

あなたは日本人の寿命を縮める3大悪習慣をご存知でしょうか?

以前の記事でも紹介しましたが、第3位は「運動不足」で、第2位は「孤独」でしたね。

今回はついに第1位である「睡眠不足」について解説していきます。

睡眠不足は認知症、脳卒中、心筋梗塞、がん、糖尿病、鬱病、自殺率などの確立を数倍も上げてしまう恐ろしい悪習慣なんです。

今回の記事では睡眠不足の恐ろしさとともに、睡眠改善のためのスマートフォン設定のアドバイスも行っていきます。

睡眠不足の改善には時間がかかりますので、今回はあなたが行動するきっかけになるような内容を、3分を目安にお話ししていきます。

インスタントスタディ、スタートです。

睡眠不足の恐ろしさ

睡眠の恐ろしさは早死するという事もありますが、僕的に本当に怖いと思うのは、人生の後半をボロボロな状態で過ごすことです。

現代では医療の技術が飛躍的に進歩していて、昔に比べてがんや病気でも命が助かる確率が上がりました。

しかし、それは言い方を変えれば、ボロボロな状態でも生きなければいけないという事なんです。

例え脳梗塞になり半身マヒで言語障害が残ろうが、認知症で家族や友人のことを全て忘れてしまおうが、手術の連続で体を何度もメスで切りつけられようが、あなたは生き続けなければいけないんです。

これは怖い話に聞こえますが、睡眠不足のあなたには高確率で起こりえる現実の未来なんです。

実際の研究結果では、睡眠時間が6時間未満の人は正常な人と比べて、がんが6倍、脳卒中が4倍、心筋梗塞が3倍、糖尿病が3倍、認知症が5倍、鬱病が5.8倍、自殺率が4.3倍もリスクが高いという結果がでています。

「そんな数字見せられたって、別に元気だし大丈夫でしょ!」と、特に若い方は思うかもしれません。

実際若い人たちには影響は出ないのですが、そこが睡眠不足の怖いところなんです。

なぜなら、睡眠不足の障害というのは10年20年先に起こるものだからです。

つまり、今あなたが寝る前にやっている、睡眠の妨げになるゲーム、動画、SNSなどは、一瞬の何の思い出にも残らない快楽のために、20年後の愛する家族や友人と幸せに過ごす時間を削っているのと同じなんです。

心身ともに健康で大切な人達と過ごせなければ、ただ長生きしたって幸せにはなれませんよね?

睡眠不足を解消する取り組みで、外せないものがスマートフォンとの付き合い方です。

寝る前にするべきスマートフォンの設定方法ついて解説していきますので、しっかりと理解していきましょう。

睡眠不足解消の取り組み

まず初めに20年先も健康に過ごしたいと思うのなら、最低でも7時間以上の睡眠をとることが必要だと覚えてください。

そして、睡眠不足を改善するためにはなんといっても、スマートフォンとの付き合い方を考えなければなりません。

お風呂も済ませて後は寝るだけの状態にして、ベットでスマホをいじりながら、ゲーム、SNS、YouTubeを見たりするのは最高ですよね。

しかし、この楽しいスマホタイムがあなたの20年後をボロボロにしてしまうんです。

なぜなら、この睡眠というのは時間とともに、質というのも重要になってくるからです。

寝る前にスマートフォンを長時間見てしまうと、強い光を見続けることになってしまうので寝つきが悪くなり、寝つけたとしても「疲れが取れない」「だるい」「すっきり起きられない」など、不調をきたしてしまいます。

だから寝る1時間前には、スマートフォンを見るのはやめましょう!、、、と言われてもせっかくのご褒美タイムにスマホを見ないようにはなかなかできませんよね?

僕も油断するとすぐにアニメを見ようとしてしまうので、その気持ちはとても分かります。

だから僕はスマホを強制的に見ないようにするために、寝る1時間前からある設定をしています。

それは画面を白黒に設定してしまう事です。

やってもらえばわかるのですが、写真も動画も全て白黒になるので、SNSも動画もめちゃくちゃつまらなくなり、強制的にスマホをいじる欲をなくすことができるんです。

スマホをいじらなくするとわかるのですが、マジでやることがなくなり寝るしかなくなります(笑)

設定方法はiPhoneになりますが「設定」→「アクティビティ」→「画面表示とテキストサイズ」→「カラーフィルタ」→「カラーフィルタON(グレイスケールに設定)」という流れで設定できます。

以上の流れで設定はすることはできますが、これはiPhoneの設定方法なのでAndroidの方はお手数ですがご自分で検索してください。

スマホの楽しさは強力すぎるので、物理的に使えない設定にしてしまう以外に遠ざける方法はありません。

ちなみに僕は家族との時間を大切にしたいので、夕方家に帰ってからはこの設定にしています。

寝る1時間前には設定したほうが良いのですが、いきなり1時間前からはハードルが高ければ、30分前からでもいいので設定をしていきましょう。

あなたも20年後の健康のために、スマホと上手に付き合いながら質の高い睡眠をとってください。

では、そろそろ3分になりますので今日はこの辺で、今日もあなたが豊かな一日が送れる事を心から願っています!

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いします!

関連記事

  1. 【創業】サイボディ誕生物語

  2. 【ダイエット】さつまいもは調理方法によって太る!?変化するGI値

  3. ジム経営者が語るパーソナルジム個人経営の真実!その起業で自由にはなれません

  4. 【健康寿命】幸せな人生の考え方、ただ長生きすれば幸せですか?

  5. 【社会問題】孤独な人は早く死ぬ

  6. 【イシュー】ダイエットも仕事も成功する考え方

  7. 【健康】本当に意味のあるデトックス

  8. 【疲労】いくら休んでも疲れが取れない……間違った休み方の改善方法を解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP