注目の記事 PICK UP!

【行動力】自信が持てないあなたへ、ハードルは限界まで下げよう

どうも河野圭祐です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は【行動力】自信が持てないあなたへ、ハードルは限界まで下げようというテーマでお話ししていきます。

まず初めにいつものように「どうしてもこれだけは覚えてください!」、という結論からお伝えします。

それは、「行動するのが遅い事は悪ではなく、一番の悪は行動をしないことだ」という事です。

あなたは自分に自信を持っていますか?

人が人生を変える瞬間というのは必ず行動から始まり、その行動を起こすためにも自信は必要不可欠なものです。

「どうせ成功するわけない」と、自信が持てない状態では行動に移すことはできませんよね。

この行動に移すという事は成長への初めの一歩であり、実はその一歩を踏み出すことが一番大きな壁となっているんです。

しかし、その一歩目の壁を越えて、ひとたび行動に移してしまえば、人は驚くほどの速さで変わっていき、人生を好転させていく事ができます。

つまり、その一歩目の行動を起こすことが全てであり、行動を起こすためには自信を持つことが必要になるんです。

そして、その自信を持つためにまず必要なことが、ハードルを限界まで下げる事なんです。

今回はそんな自信が持てない人でも、挑戦していけるようになる考え方について、3分を目安にお話ししていきます

インスタントスタディ、スタートです。

自信が持てないあなたへ、ハードルは限界まで下げよう

人間は行動が全て

人間の未来というのは全て行動によって決められます。

なぜなら、収入・環境・友人・信頼など、人間が手にするものは全て行動した結果によって得られるものだからです。

親の遺産が勝手に入ってきて金持ちになる奴もいるじゃないかと思うかもしれませんが、それだって中には家族関係をうまく作れずに、遺産を受け取れないケースだってあるんだから、その人が親と円満に過ごしてきた行動の結果、受け取ることができるものです。

他にも二代目の社長に対して、親の会社を受け継いげるなんてズルいと思うかもしれませんが、二代目で会社を潰して不幸になる人だってたくさんいるんだから、幸せになるかどうかなんてその人の行動次第ですよね。

どんなケースであっても自分の未来というのは、自分の行動の延長線上にしかありません。

つまり、現状よりもいい未来にしたいと考えた時、行動なくしてより良い未来になることはあり得ないんです。

行動するのが遅い事が悪いわけじゃない

人間は行動が全てだという事が理解できたとしても、実際に行動に移していく事は大変なことです。

多くの人は行動したほうが良いとわかっていても、いつかやろうと言って結局何年も過ぎてしまいます。

そして、行動が遅くなればなるほど、自信を失って自分を責めてしまいますよね。

僕は現在34歳で会社の経営を行いながら、好きな時間にブログを書いて、好きな時間に仕事をしてトレーニングをして、夕方には家に帰って家族とのんびり過ごしています。

これは僕が29歳の時に、思い切って行動した結果今の生活があるんです。

確かに29歳での大きな挑戦は、一般的には人よりも少し早く行動したことになるかもしれません。

でも僕は挑戦することに対して、行動が遅い事が悪いわけじゃない考えています。

なぜなら、一番の悪は行動するのが遅い事ではなく、行動しない事だからです。

どんなに遅くなろうが、行動を起こせば必ず未来を変えていく事ができますが、行動しなければ当然未来が変わることはありませんよね。

それに行動が遅い人は心が弱いわけではなく、他人より少し慎重なだけなんです。

何かに挑戦しようとしたり行動することは、冷静に物事を考えることが必要ですよね?

他人より慎重なことの何が悪いんでしょうか?

だから、もし行動が起こせずに時間が過ぎていき、自信を失っている人がいるとしたら、何も落ち込むことはありません。

今からでも行動していけば、あなたの未来は必ず明るいものにしていけるんです。

行動のハードルを限界まで下げる

行動を起こせない人の特徴の一つに、成功体験を得ることが下手くそという特徴があります。

人間は成功体験をつんでいかなければ、行動していく事はできません。

その成功体験を得られない多くの人がやってしまう事が、最初からハードルを上げすぎてしまうという事があります。

例えばサイボディにYouTubeをやっていて、いつかは収益化したいと考えているメンバーがいます。

でも、これってめちゃくちゃハードルが高い事ですよね。

今は芸能人や専門家がどんどん参入している超レッドオーシャン飛び込むんですから、ハードルは果てしなく高いものになります。

そこで一緒に話して考えたのが、まずはサイボディのお客様に有料の小さなセミナーを開催して、そこから少しづつ収益化を考えていくというものでした。

これなら参加費がそもそも収益にはなりますし、セミナーで直接関わってファンにできればYouTube登録もしてもらえるし、さらに深い知識の動画やセミナーを買ってもらえる可能性もできます。

不特定多数の全世界に発信するよりも、直接関われるお客様に発信したほうが、ずっとハードルは低いですよね。

このように成功体験を得るためには、自分がやりたいと思っていることのハードルを、限界まで下げるという事が重要なんです。

こうすることで行動の最大の難関である、一歩目に越えなければならない壁を超えることができ、その後も行動し続けることができるんです。

あなたは行動のハードルを上げすぎていませんか?

行動するのが遅い事は悪ではなく、一番の悪は行動をしないことです。

どんなに小さなことでもいいので、行動を起こしていきましょう。

では、そろそろ3分になりますので今日はこの辺で、今日もあなたが豊かな一日が送れる事を心から願っています!

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いします!

関連記事

  1. 社会の理不尽に苦しんでいる人へ、人生の理不尽をチャンスに変える方法とは

  2. 【学習】学びにお金を払う重要性

  3. なぜあなたはチャレンジできないのか?新たな挑戦ができない心理と解決策とは

  4. 【成功体験】これを知らなければ大きな目標は達成できない

  5. 【マインド】その情報は本当に必要ですか?人生で集中する方向性を間違えるな!

  6. 【マインド】ビジネスの本質「稼ぐ人と貧す人の違い」

  7. 子供が将来失敗しないための科学的に正しい子育て方法

  8. 20代、30代は何に投資するべきなのか?将来的な利益を最大化する資産運用とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP