注目の記事 PICK UP!

自分達が劣っているところに注目する

どうも河野です。

今朝のことですが、最近YouTubeをはじめたことで、以前書いていたようなサイボディを愛している方への記事が書けなくなってきて、なんだか寂しいなぁと鼻をほじりながら考えていました。

そこで最近YouTubeで聞いた話で、「朝礼で組織の理念やマインドを共有することがとても大切だ!」という話を思い出していました。

「朝礼が大事ならzoomとかで毎日朝礼やろうかな!」っと一瞬考えたのですが2秒後には「いや、めんどくさいよね。」という結論に至りました。

だけどやっぱり考えを共有していくことは大事だし、ずぼらできっちりできない自分でもできる事は無いかと考えていたところ、

「めっちゃ自由に考えを書いちゃえばいいじゃん!」という考えに鼻をほじりながら行きつきました。

だからこれから、週に3~4日くらいのペースで、不定期に自己満記事をあげておきながら、サイボディを愛している人に強制的に読ませるというとんでもない事をやっていきたいと思います。

毎回2000文字以内に抑えてさらっと読める内容にするので、サイボディを愛している方は必ず読むようにしてください。

サイボディを愛するあなたへ、今日も僕の頭と心を共有していきます。

サイボディの掟】
①人の幸せを願え
②誠実であれ
③プロフェッショナルであれ
④美しくあれ

他社の調査で思うこと

先日サイボディの「浪速の開脚ガール」こと伊藤さんが、他社の24時間フィットネスクラブに体験をしに行ってくれました。

設備や感想など、非常に興味深い情報を持って帰ってきてくれたので、本当にありがとうございます!

その感想を見た時に感じた事なんですが、同業他社に限らず、何かサイボディと比べるときには、

自分たちが劣っているところに注目してもらいたいなぁと思いました。

その一番の理由は、適度な危機感を持っていてもらいたいからなんですよね。

これは単純なことで、自分たちが他社さんより勝っているところに注目すれば、「自分たちは大丈夫なんだ」と安心してしまいますよね?

逆に自分たちが他社さんより劣っているところに注目すれば、「もっと改善していかなければいけない」という危機感が生まれます。

これは決して、自分たちが勝っているところを見つけることが悪いということではないので、勘違いしないでください。

自分たちの強みを理解して、その強みを強化していくことが結果的に差別化に繋がるので、強みを理解していくことも重要な事です。

でも、人も組織も成長していくためには、適度な危機感が必要なんですよね。

ただでさえ人って、自分は大丈夫だと思ってしまう生き物で、自分に都合の悪い事はみないようにしてしまいます。

だからそこはあえて、自分たちが劣っている部分に注目して、危機感を感じて「このままじゃヤバい」と感じる事が大事なんですよね。

危機感があると逆に人って何でもできるんですよ。

例えば、あなたの大切な人が人質に取られて「ビジネス書をなんでもいいから1冊読まなかったらこいつを殺す」と言われたら絶対読むじゃないですか(笑)

これは極論ですけど危機感でいえば同じことですよね。

安心は度が過ぎれば慢心に変わります。

自分たちが他社より劣っているところに注目して、適度な危機感を感じながら、他社の良いところは堂々とパクっていきましょう。

今日もあなたが豊かな一日が送れる事を心から願っています!

それでは、レッツサイボディ♬

ブログなど各更新通知はTwitterで!
↓↓↓フォローよろしくお願いします!

関連記事

  1. 【接客】お客様の上手な待たせ方

  2. 【プロダクト】本当にやりたいと思う事をやろう

  3. 【心理学】人間は印象で評価が決まる!人事で役立つハロー効果について解説

  4. 【成功体験】これを知らなければ大きな目標は達成できない

  5. 【副業】20代30代が陥りやすい危険な心理|長期的に収入を上げていく方法を徹底解説

  6. 【商談交渉】Win-Win(ウィンウィン)、相手が欲しがるものを起点に考えよう

  7. 新時代ビジネスではカスタマーサクセスが超重要

  8. 【指導】みんな知らない正しい注意の仕方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP