注目の記事 PICK UP!

才能なくても起業できるたった1つの資質!?独立起業のコツ徹底解説

どうも河野圭祐です。いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、『才能なくても起業できるたった1つの資質!?独立起業のコツ徹底解説』、というテーマでお話ししていきます。

本記事は、「経営者を目指していている」「経営者の考えを知りたい」「人間的に成長したい」という方におすすめの内容となっています。

あなたは経営者にどんなイメージを持っていますか?

知識が豊富で人を引き付ける魅力があり、一般人よりも優れた資質を持っている特別な人達だと思っていませんか?

実は経営者というのは、そんなスーパーマンなんかじゃないんです。

むしろ僕は経営者に特別な資質なんて必要ないと思っています。

世に出ているビジネス書やネット記事なんかには、”創造力が必要だ”、”コミュニケーション能力が必要だ”、”グローバル適応力が必要だ”など、小難しい事がたくさん言われています。

確かにそりゃスキルがあるに越したことはありませんが、そんなもんほとんどの人が持っていませんよね?

でも、実際は世の中には経営者になった人はたくさんいるわけじゃないですか。

つまり、経営者になるために必要な資質というのは、小難しいような特別なものではなく、もっと初歩的な当たり前の資質が必要になるんです。

そこで、今回僕がお伝えしたい結論は次の2つになります。

1.起業に必要な資質は「粘り強さ」
2.スマートではなく「しつこい人間」になれ

粘り強さって小学生で習いそうな当たり前のことですよね(笑)でも経営者になるってその程度のことなんですよ。

今回はあなたが経営者について、正しく資質を理解していける内容を、3分を目安にお話ししていきます。

インスタントスタディ、スタートです。

才能なくても起業できるたった1つの資質!?独立起業のコツ徹底解説

起業するのに必要な資質は、賢いスマートなものではありません。

非常にシンプルでわかりやすいものなので、しっかりと理解していきましょう。

起業に必要な資質は『粘り強さ』

起業して経営者になるためには粘り強さが必要になります。

なぜなら、起業をする過程や事業を安定させる過程で、必ず失敗をするからです。

失敗と聞くとあなたは事業自体が失敗して、倒産してしまうイメージを持つかもしれませんが、僕が言っている失敗とはもっと小さなものになります。

例えば、物件探しが上手くいかない、資金調達ができない、組織作りが上手くいかないなど、予定通りに進んでいかないことがほとんどです。

もっと小さなことで言えば、起業の仕方がわからない、何を学んでいいかわからない、何から始めていいのかわからないなど、心が折れそうになることは山ほどあるんです。

こういった状況に直面した時に、何よりも大事になるのが粘り強さなんです。

粘り強い人は、経営者になり方がわからなければ、経営者の人に聞きに行き、何を学んで何をすればいいのかわからなければ、わかりそうな人に聞きに行きます。

そして、その答えが自分の中で見つかるまで、行動し続けることができるんです。

しかし、粘り強さを持たない人は、こういった状況になると、行動に移さず「自分には向いていない」「自分はまだスキルが足りていない」「好きなことが見つからないなど」、もっともらしい言い訳を並べてすぐに諦めてしまうんです。

スマートではなく「しつこい人間」になれ

起業できる人はあなたが思っているようなスマートな人間ではなく、泥臭く何度も失敗を味わいながら、それでもしがみついていくような、しつこい人間なんです。

「諦めたらそこで試合終了ですよ。」

スラムダンクの安西先生は言った名言を思い出してください。

バスケットには確かに時間での試合終了がありますが、経営者には諦めない限り試合終了はないんです。

特別な資質や小難しいスキルなんていりません。ただ「諦めない」それだけを続けていけばいいんです。

でも言っていることはわかるけど、実際その諦めずに続けていく事が難しいんだよ!と思う方も多いかもしれませんが、ここはしっかりとマインドを切り替えてください。

確かに継続していく事は難しい事かもしれませんが、逆に言えば諦めさえしなければ、誰でも経営者になれるってことなんですよ。

起業をして経営者になりたいのなら、賢いスマートな人間になる必要はありません。

くらいついていくような「しつこい人間」を目指していきましょう。

今回の河野圭祐的まとめ

今回は、『才能なくても起業できるたった1つの資質!?独立起業のコツ徹底解説』、というテーマでお話しさせていただきました。

本記事で僕がお伝えした結論は次の2つになります。

1.経営者に必要な資質は「粘り強さ」
2.スマートではなく「しつこい人間」になれ

起業して経営者になることを考えてみると、自分では想像もつかないとんでもない事をするような気持になりますよね。

でも、本当に起業するってそんな大した話じゃないんですよ。

僕だってたくさん失敗して試行錯誤しながら、現在の形を作り上げてきました。

それまでにやってきたことといえば、特別なことなんかではなく、ただ諦めずにその時の課題に必死に立ち向かったことだけです。

スポーツや勉強は必ずしも成功するとは限りませんが、ビジネスは諦めなければ必ず成功が待っています。

もし、マインドが保てないという方は、僕は力になりたいのでいつでも連絡してください。

今日もあなたが豊かな一日が送れる事を心から願っています!

↓↓↓↓↓↓クリックしていただけるだけで僕の励みになります!是非応援よろしくお願いします!

関連記事

  1. サイボディがこだわる組織作り【仲が良い組織の課題】

  2. ジム経営者が語るパーソナルジム個人経営の真実!その起業で自由にはなれません

  3. 20代、30代は何に投資するべきなのか?将来的な利益を最大化する資産運用とは

  4. 【自己肯定感】高すぎる自己肯定感は成功を遠ざける

  5. 【経営改善】儲かる経営体質は売上を上げるよりコスト削減を重視する

  6. あなたの挑戦を邪魔する人は、実は身近に存在する!「ドリームキラー」の対処法を解説

  7. 【心房中隔欠損症】子供に学ぶ健康の尊さ

  8. 【事前調査】独立起業の前にヒアリングしてはいけない相手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP