注目の記事 PICK UP!

【ユーモア】話がつまらない人必見!面白い話ができるようになる習慣

どうも河野圭祐です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は【ユーモア】魅力的な人間になるために、面白い話ができるようになる習慣というテーマでお話ししていきます。

まず初めにいつものように「どうしてもこれだけは覚えてください!」、という結論からお伝えします。

それは、「面白いと思った出来事をすぐにアウトプットしよう」ということです。

あなたは面白い話ができるユーモアのある人間になりたいと思ったことはありませんか?

いつも楽しい話をして周りを盛り上げてくれる人は、本当に魅力的ですよね。

自分で言うのもなんですが、僕は結構ユーモアのある人間で、高校や大学生の頃には友達から「なんでそんなに面白い話ができるの?(笑)」と、不思議に思われたこともあります。

でも実はそんな僕も中学までは自分に自信がなく、異性とのコミュニケーションも苦手で、ユーモアのないモテない自分にコンプレックスを抱いていました。

しかし、そんな自分から抜け出して高校デビューを決めてやろうと、自分なりに研究を行いユーモアのある人間になる二つの方法を見つけ出しました。

その一つは以前にも記事に書いた「笑顔でいる事」、そしてもう一つは今回の記事で取り上げていく、「面白いと思ったことをすぐにアウトプットする」という事でした。

実は面白い話ができる人というのは、別に才能があるわけではなく、面白い事をアウトプットし続け、結果的に面白い人になっているだけなんです。

今回はそんな誰でも面白い話ができる、魅力的な人間のなり方について3分を目安にお話ししていきます。

インスタントスタディ、スタートです。

面白い話ができるのは才能ではない

ユーモアのある人間の周りには人が集まるというのは、学生から社会人になっても変わることはありません。

ユーモアのある後輩は可愛がられ、ユーモアのある先輩は慕われて、ユーモアのある経営者にはみんなが協力してくれます。

恋愛にしてみても女性に好きな人のタイプを聞くと、多くの人が「面白い人」と答えることから、面白いユーモアのある人というのがそれだけ魅力的だという事がわかりますよね。

でも、ユーモアのある人が魅力的と言われても、自分には才能なんかないし、面白い話なんかできるわけない!そんなことを思っていませんか?

面白い話ができる人は、そういう才能がある特別な人達なんだと思っていませんか?

実はそれは大きな間違いで、面白い話ができる人が、必ずしも才能があるわけではないんです。

確かにテレビに出るようなお笑い芸人さんは、特別な才能があるんだと思います。

でも、一般社会で生きていくのに、あんなにすごいお笑いの才能なんていりませんよね(笑)

つまり、一般社会で生きていくうえで、面白い話ができるユーモアのある人間になるのに、すごい才能なんて必要ないんです。

面白い話ができるユーモアとは、習慣次第で誰でも身につけることができるようになるんです。

では、面白い話ができるようになるには、何をすればいいのかというと、面白いと思った事をすぐにアウトプットするだけでいいんです。

面白いと思ったことはすぐにアウトプットする習慣

まず大切なことなので覚えてほしいのですが、面白い話というのは全て過去の出来事から作られているという事です。

面白い話をすぐにできる人は、瞬時に話が出てくるためゼロから話を作り出したように感じてしまいます。

しかし、人間がする話というのは、必ず過去に体験したことに基づいて話をしているんです。

つまり、自分で話を作っているように見えて、過去に体験したことをマネているか、体験したことに似ていることを話しているだけということです。

子供の頃に人気だった子がやっていたことを思い出してもらいたいのですが、テレビでやっていた面白い事をマネしているだけで、周りの笑いを取って人気者になっていましたよね。

面白い話ができる人というのは、このマネするといったアウトプットする回数が圧倒的に多いんです。

だから、自然と脳内に面白い事例がたまっていき、それとリンクさせた面白い話が瞬時にできるようになっているということなんです。

学生時代はめちゃくちゃ面白かったのに、大人になったらクソつまらなくなった友達とかたくさんいますよね?

それは、友達に面白い話をする機会が減ってしまい、アウトプットする場がなくなってしまったことが原因なんです。

だから、面白い話ができるユーモアのある人になるためには、単純に面白いと思ったことをアウトプットする習慣をつけるだけでいいんです。

僕はこの辺徹底していて、面白いと思ったことはすぐに周りに話すか、時にはメモアプリに書き溜めておくこともあります。

そして反応が良かった話は、とにかく周りに話しまくり、笑いの長期記憶に溜めていくんです。

これはちょっと良い事か悪い事かわからないのですが、それが習慣になりすぎて僕はいつでも面白い話を考えてしまい、銀行の融資などで数千万借りる真剣な話でも、ニヤニヤしそうになって笑いをこらえ苦しい思いをしています(笑)

ここまでしろとは言いませんが、勉強だってアウトプットの量で溜っていく知識は変わっていきますよね?

ユーモアだって同じで、初めは人にマネから入って、アウトプットをたくさんしていく事で、あなたの財産になっていくんです。

たくさんアウトプットをして、面白い話ができる魅力的な人間に変身しましょう。

では、そろそろ3分になりますので今日はこの辺で、今日もあなたが豊かな一日が送れる事を心から願っています!

↓↓↓クリックしていただけると嬉しいです!応援よろしくお願いします!

関連記事

  1. 【創業】サイボディ誕生物語

  2. 【話し方】伝え方が上手な人はこれをやらない、エリートほど陥る失敗

  3. 【実践法】右脳思考でアイディアを実現させていく実践方法

  4. なぜサイボディには今コミュニティが必要なのか

  5. 好印象を与える4つのポイント、第一印象から好かれる人なれ!

  6. Give&Takeただの良い人は奪われ続ける

  7. サイボディクライアントストーリー②【40年愛され続けた喫茶店の秘密】

  8. 【心理学】人間は印象で評価が決まる!人事で役立つハロー効果について解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP