注目の記事 PICK UP!

仕事ができる社員は言い訳をする

どうも河野です。

今日からこのブログの趣旨をちょっと変えて、1日3分この記事を読むだけで成長していける、「インスタントスタディ」というそれっぽい名前を勝手につけてやっていきたいと思います。

忙しくてなかなか読書ってできないですよね?

だから、代わりにこの記事を3分読むことで、あなたが成長していけたらと思っています。

今回テーマは「仕事ができる社員は言い訳をする」です。

それでは今日も、僕の頭と心を共有していきます。

3分間のインスタントスタディ、スタートです。

仕事ができる社員は言い訳をする

仕事ができる社員は言い訳をするって、言い訳をしないの間違いでしょ!って思いますよね?

でも仕事ができる社員って結論から言うと、ミッションが始まる前に、正しい言い訳をするんです。

言い訳のイメージって、物事が終わった後の結果に対して、「時間が足りなかった」「技術が足りなかった」「自分には荷が重すぎた」なんかの言い訳をするイメージじゃないですか?

もちろんこんな言い訳は全然ダメで絶対やっちゃいけません。

正しい言い訳とは、ミッション達成のイメージを自分でしっかり考え、そのうえで障害となっていることを報告するということなんです。

仕事ができる社員はミッションが始まる前に、それら全てを報告で言い訳をして、後からは絶対に言い訳をしません。

なぜかって、仕事ができる社員って、ミッションの責任は自分にあることを理解していて、結果でしか会社に貢献できない事を理解しているからです。

「すごい頑張ったんですけど、時間が足りなくて、知らない技術もあって、ちょっと難しいミッションでした!てへぺろ♪」

こんな感じで頑張ったという事だけでは、会社には何の貢献にもならないんです。

あえて強めに書きますが、会社に貢献できることは、ミッションを達成する事だけです。

 

あなたはよく、「何がわからないかわからない」という事ってありませんか?

これには原因があって、お願いされたミッションを、自分の言葉で説明できるくらいに、達成のイメージができていないという事なんですよ。

これではミッション開始前に障害を見つけて報告なんてできませんよね。

だからミッションの指示を受けて、まずあなたがすることは、ミッションの内容を、自分なりにしっかりかみ砕き、自分なりのミッション達成のイメージを作ることです。

そしてそのイメージを自分の言葉で指示を出した人に伝え、その過程で障害となりそうな事は、どんな些細な事でも伝えるようにしてください。

大前提として、あなたが間違わないように完璧にミッションの指示を出すことは不可能です。

だから、指示を出した人も気づいていない障害を、あなたが報告しなければいけないんです。

報告する内容は事実に伴うものだけで、あなたの感情などは入れてはいけません。

例えば「自分には難しそうです」「業務が忙しくて厳しそうです」ではなく、「自分はまだ○○を教わっていません」「○○の業務が〇時にあるので、時間の確保が必要です」など、あなたの感情や感想ではなく事実に基づいた報告をしましょう。

最後に大事な事なのでもう一度書いておきます。

ミッション開始前に、ミッション内容をしっかりとかみ砕き、ミッション達成のイメージを必ず作りましょう。

では、そろそろ3分になりますので今日はこの辺で

今日もあなたが豊かな一日が送れる事を心から願っています!

それでは、レッツサイボディ♬

ブログなど各更新通知はTwitterで!
↓↓↓フォローよろしくお願いします!

関連記事

  1. 新時代ビジネスではカスタマーサクセスが超重要

  2. 【心理学】人間は印象で評価が決まる!人事で役立つハロー効果について解説

  3. 【マーケティング基礎知識】マーケティングの歴史と現代のマーケティング4.0を解説!

  4. 【コンフォートゾーン】人生損する自分を縛る勝手な思い込み

  5. 【指導】みんな知らない正しい注意の仕方

  6. 【人材育成】驚くほど人が成長していく育成方法「フィードフォワード」とは

  7. 【基本知識】今さら聞けないフロントエンド・バックエンドとは

  8. 【経営戦略】あなたの会社は3つの内どの文化?自社の強みを活かした経営戦略

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP